不景気で売上げが上がらず先が見えない不安で夜も眠れなかった私がなけなしの1万円を投資して発見した4週間であなたのビジネスが繁盛し18か月後には年商を4倍にするインターネットを使わない古くて新しい集客方法があるのですが…

なたは今までに1回でも新聞広告を出したことがありますか?

「売り上げが上がらなくて悩んでいる地域密着型のご商売の自営業者さま」
「セミナーに参加者が集まらなくて悩んでいるコンサルタントやセラピストさま」
「新しい集客方法を探している人」

もしこの3人のどなたかにあてはまるなら、
今すぐ地元の新聞に小さくて良いので広告を出してみる事をお勧めします。

なぜなら新聞広告の市場には、あなたの商品やサービスを喉から手が出るほど欲しがっている
35歳から85歳のお客様が大量に眠っているからです。

「でも新聞広告を読んでいる人は減ってるみたいだし実際はそんな甘くないんでしょ?」

確かに世間一般の人達はそう言っていますね。

でもその人たちは実際に新聞広告を使って集客をしたことがある人たちでしょうか?

自分のお金を使って何度も何度もテストを繰り返し、
試行錯誤して時には大損して新聞広告の良い所も悪い所も全て見てきた人でしょうか?

自分のビジネスを持っていて実際に対面でリアルなお客様と向き合って
手渡しでお金をもらうビジネスをしている人達でしょうか?

恐らくどれかが欠けている人達だと思います。

だから私は新聞広告の本当の素晴らしさをあなたにお伝えしようと思い、この手紙を書きました。

今からあなたがまだ知らないであろう、
オフライン最高ランクの『メディア』と言っても過言でない
『新聞の広告』を使った集客の素晴らしさについて話をしていこうと思います。

あなたの商品やサービスのターゲット層が35歳から上の年齢層であるならば、
今からの話を聞き逃すと後悔する事になるので誰にも邪魔されない場所で真剣に聞いてください…

想像してください

あなたの身の回りで新聞を読んでいる人が何人いますか?

お爺ちゃんお婆ちゃん、両親、親戚、知人、友人、ご近所の人、
朝早くにポストを見ると新聞が入っていると思います。

会社に行っても新聞が置いてあると思います。

駅で電車待ちをしている時、隣や向かいで新聞を読んでいる人が沢山いると思います。

たまに朝早く4時か5時頃に目が覚めた時、何の音が聞こえますか?

まだ多くの人が寝静まってる静かな中、新聞配達のバイクの音が聞こえると思います。

走っては止まり、走っては止まり、
ポストに「スコンッ」「スコンッ」と新聞を投げ込んでいる音が聞こえると思います。

そうです…

『あなたの回りにはかなりの数の新聞を読んでいる人が居ます』

インターネットやスマートフォンが普及して新聞は過去の遺物のように感じている人も多いようですが、
それは大きな誤解です。

人口の一番多い団塊世代、そして団塊ジュニア、
悠々自適の年金暮らしをしているお年寄りの殆どは新聞を読んでいます。

何か良い情報はないか?何か事件はないか?芸能情報は?野球の結果は?
昨日の株価は?政治の状況は?今日のテレビは?…

と毎朝毎晩読んでいます。

食事前や、食事中にパンをかじりながら読んでいます。

そこにあなたの広告を出すのです。

「面白そうだと思いませんか?」

もし、あなたが新聞を読まない人なら試しにこの手紙を読み終わったらすぐ、
100円を握りしめてコンビニに新聞を買いに行ってください。

そこにはあなたより先に新聞広告で秘かに儲かっている会社の広告が並んでいます。

そして全ての広告に目を通してみると更に面白いことが分かるのです…

お客様の購買意欲が高い魅惑の新聞広告市場

つい先日の話です。

親戚の叔父さん(73歳)の家に訪問した時に、ある通販会社が1年ほど前から
新聞広告でセールスしているスチームクリーナーが廊下に置いてありました。

まさか、と思って「どこで買ったの」と聞いたら、やっぱり新聞広告でした。

私の義母(63歳)も、名前を言えばメチャメチャ有名な通販会社の新聞広告で
掃除機を買ったり、梅干し、焼酎を買っていました。

私の実の母は歯槽膿漏対策の歯磨き粉やサプリメントを買っていました。

「あなたの家族や両親、お爺ちゃんお婆ちゃんはどうですか?」

今は通信販売の広告ばかりを例に挙げましたが、通信販売のみならず新聞広告を使うと
実店舗を持った小売店の集客でも大きな効果を期待する事ができるのです。

実際に試してみると、お客さまの年齢層によっては「ツボ」にはまると葉書サイズの小さな広告でも
購買意欲の高い新規のお客様を集客する事ができます。

先日もある広告代理店の営業マンに新聞広告を続けて掲載している会社の実情を、
こっそり教えてもらいました。

小さくても続けて広告を出している会社やお店は秘かに儲かっているそうです。

「今回は過去最高の売り上げだったよ」とかいう声を実際に聞くそうです。

この話を信じるも信じ無いもあなた次第ですが、
新聞広告を使った集客に少しでも興味を持って頂けたのであればこのままこの手紙を読み進めて下さい…

ライバルが少ない新聞広告を使って35歳から85歳のオフラインの見込客を集客して先行者利益を狙いませんか?

中村真也

こんにちは、中村真也(なかむらしんや)と申します。

私は今日までの5年間で、静岡、山梨、長野の新聞広告「だけ」に1308万円使い、
2億3千万円くらい稼ぎました。

6年前は年商1200万円くらいだった個人商店が、
4年前から年商5000万円くらいを平均して売り上げる会社になり、
今も進化を続けているので自分では「小さな成功」をしたかなと思っています。

家族経営で従業員ゼロなので親と私の2世帯ならよほどの贅沢をしない限り普通に生活できています。

5年前までは地元の静岡だけで細々と商売をしていて、
取引業者や周りの社長たちに米つきバッタのようにペコペコ頭を下げていた自分が、
今では先生とも呼ばれるようになりました。

何故、先生と呼ばれるようになったかというと、
中小企業で新聞広告を使った集客を実践して結果を出している人が殆ど居ない為、
「新聞広告を教えて欲しい」とオファーを頂く機会が増えてきたからです。

全ては新聞広告のおかげだし非常に感謝しています。

この手紙では私が5年に渡って研究してきた新聞広告集客の秘密のほぼすべてを公開していきます。

かなり楽しみにしていて欲しいのですが、1つだけお願いがあります。

私は楽して1万円2万円稼ぐとかいう小遣い稼ぎ程度のレベルの低い話をするのではありません。

本気のビジネスの話をしていきます。

しかしながら新聞広告市場は業種によってはライバルが殆ど居なかったり、
ライバルが居たとしても勉強不足で弱かったりで、
真剣に勉強して実践すれば意外にあっさりと業界地図を塗り替えてしまう事が出来てしまうのです。

扱う商品(粗利の高い商品)によっては、
私のように5万円の広告代で10倍20倍の利益を獲得する事も不可能ではないと思います。

しかしこれはあくまでも結果です。

結果として大きな売り上げが上がる可能性を秘めているのが新聞広告なのですが、
最初から楽して儲けようとか、人を騙すようなことをして儲けようという人はこの手紙を読まないで下さい。

新聞は社会的地位の高い広告媒体です。

社会的地位が高いだけに良いようにも悪いようにも利用できてしまいます。

もし、あなたが家族や両親のため、
そして自分の将来のために真剣にビジネスで集客して稼ぐ必要があると考えているのでしたら
このままこの話を読み進めていって下さい。

新聞広告で集客をして大量の見込客を獲得するための私の持っている秘密を公開します…

新聞広告で地位も名誉もお金も手に入れる

新聞はテレビと同じ位の影響力を持つ『メディア』です。

新聞は読者から絶大の信頼を得ているので新聞に広告を載せる事で読者から
「立派な会社なんだろうな」と信用してもらうことができます。

特に地域密着のビジネスほど効果的で、広告を出しているライバル自体が少ないので、
広告の作り方が上手ければ短期間(短時間)で繁盛店だと思われる事ができます。

大きな声では言いたくありませんが…

「よくみんなインターネットなんて難しい世界で頑張ろうとするなぁ」

と、みんなを褒めちぎりたくなるほど新聞広告のマーケットは甘いです。

ライバルが先に居ても集客できる理由

コピーライティング(文章)、マーケティング(売れる為の仕組み作り)、
パソコンのスキル(能力)は無くてもあまり関係ありません。

あなたのライバルは、お客様に「行動」してもらう言葉を入れるだけで反応率が上がることや、
広告の反応が安定するまでに辛抱しなければならない「期間(時間)」の事も全然知りません。

知っていれば儲かるのに、知らないから、勉強する気が全く無いから、
新聞広告は儲からないとぼやいている人が多いのです。

極端な話、大正生まれのヨボヨボなおじいさんがやっている金物屋さんと勝負している感覚に襲われます。

これまであなたが、少しでもコピーライティングやマーケティングを勉強しているなら、本当にラッキーです。

たぶん何もかも簡単に感じるはずです。

クレームが来る覚悟で言いますが『殆どのライバルは広告の作り方が下手』です。

コピーライティングやマーケティングを覚えればライバルの広告よりも目立つ事ができて、
かなりの数の新規客を集客できる可能性を秘めているのが新聞広告です。

それ以前にライバルは勉強不足で新聞広告で集客できることを知りません。

新聞広告を出していないライバルが殆どだと思います。

もし、あなたが新聞を取っているなら毎日1回必ず新聞広告を見てください。

あなたの地元の新聞で頻繁に広告を出している会社は地元で秘かに儲かっています。

もしライバルの広告が定期的に出ていたら、同じ大きさ、同じような掲載内容で
あなたも広告を出してみて下さい。

高い確率で何かしらの反応が取れると思います。

それと、もう一つわかることがあります。

通販の広告は入れ替わり立ち代わりに出ていますが、
その他の広告は大体いつも同じ会社が定期的に出しているだけです。

もし、ライバルの広告が無かったらチャンスです。

新聞の読者たちは新しい情報に飢えているので、たとえあなたの作った広告が下手でも、
反応率が高くなり『先行者利益』を獲得する事も実現可能だと思います。

新聞広告が業種を問わず集客できる理由

新聞広告は把握できる限りさまざまなビジネスで集客できます。

一部の広告掲載会社の事例を挙げると…

住宅、外壁塗装、不用品処分、結婚相談、家庭教師、塾、カルチャー教室、水道工事、園芸、車屋、金の買取り、コンサート、講演会、ペット、歯列矯正、スポーツ用品の通販、ピアノ買取り、カツラ、エステ、石鹸、美容クリーム、薬、サプリメント、薬局、漢方薬、金券屋、便利屋、通信販売、他、様々な業種があります。

これらは私の地元の新聞でここ最近掲載されていた会社です。

誤解の無いように聞いて欲しいのですが、もし今挙げた中にあなたと同じ業種があったとしても、
先程もお話したように「広告がヘタ」な会社ばかりです。

要するに、ライバルの内に入らないという事です…

デメリットもお話しておきます

ここまで良い面ばかりを話してきた新聞広告ですが、これまでに色々な集客法を試してきたあなたの場合、

「そんなおいしい話ばかりじゃないだろう?」

という疑問があると思います。

確かに、おいしい話ばかりではありません。

悪い部分もあります。

全ての集客法にはデメリットがあり新聞広告も例外ではありません。

良い話ばかりをして悪い話をしないのはフェアではありませんので今度はデメリットの方をお話しておきます。

私が予想するに一番多い質問として、

「どれくらいの予算で広告を出す事が出来るのでしょうか?」

という内容です。

「新聞広告で私が思っているよりも簡単に集客できて売り上げが上がる事はよくわかりました…
しかし、新聞広告は広告代が高そうなイメージがあるので
実際にいくら位の予算で広告を出す事が出来るのでしょうか?」

こんな不安や疑問です。

特にこれまでインターネットなどで集客する事に挫折した経験がある人は
不安や疑いがあって当然だと思います。

なぜなら、お金のリスクが少ない事が理由でインターネットの集客を選んだのだと思うからです。

集客の方法には2つの選択肢があると思います。

1つ目は、「お金をかけて手っ取り早く大量に集客する方法」

今私があなたに話をしている新聞広告を使った集客はこちらになります。

2つ目は、「お金をかけずに地道に努力して少しずつ集客していく方法」

近年流行のフェイスブック、ツイッター、ブログ、ミクシーなどのインターネットを使った集客は
こちらになると思います。

どちらが良いとか悪いとかではありませんが、
私自身は2つ目のインターネットを使った集客法に疑問を感じています。

そして現在世の中に出回っている集客を教える本や教材の内容についても疑問を感じています。

恐らくあなたにも心当たりがあると思いますが、まず、その事実から話しておきます…

集客できない1つ目の原因:フェイスブックやブログに振り回されること

最近多くの経営者が流行に流されてしまい、わざわざ難しい方法で集客しようとしています。

難しい方法とは「インターネット集客」です。

その中でも特に盛んなのがフェイスブックやブログ、ツイッターだと思います。

フェイスブックやブログを活用して「ゼロ円」で集客できると教えている本や教材が沢山ありますが、
パソコンやインターネットが苦手な私からしたら結果を出している人たちは本当に凄いと思います。

フェイスブックやブログは一応私も使っていますが登録する時から色々面倒だったし、
使い方を理解するまでにかなりの時間を浪費しました。

友達申請や読者登録をして「いいね」ボタンや「ぺた」をクリックすると友達や読者が増えるよと
教えてもらったのでその通りにやってみました。

確かに読者が増えましたが、その後お金をもらうまでの具体的なイメージが湧きません。

こんなこと言うと「そんなの簡単だよ、
これはここにメールフォームをつけて…」とか教えてくれる人はいるのですが言葉の内容が意味不明…

対面販売などのリアルなビジネスなら簡単にできる事が、
ネットではとても難しく感じて全然儲かるイメージが湧きません。

「ブログやフェイスブックを始めてから凄く困った事が1つあります」

それは、コメントを返したりしなきゃならないので、パソコンの前で拘束される時間が増えた事です。

記事を書いてコメントを返す作業をすると毎日1~2時間は時間が取られるようになりました。

コメントがあれば夜中でもパソコンを開いて眠い目を擦りながらコメント返しをし、
時々友人や読者のフェイスブックページやブログに訪問して「いいね」ボタンや「ぺた」をクリック。

コメントされたら返さないと「無視された…」と勘違いする人までいるし中途半端に
強く物言えば誹謗中傷されそうだしでストレスが増えました。

読者や友達が増えれば増えるほどそのストレスは重くなっているので、
ブログやフェイスブックページを閉鎖する人がいる理由が何となくわかるような気がします。

そもそもフェイスブックやブログで集客する為には3つの条件が整っている必要があると思います。

①パソコンの前に毎日座っていられる
②パソコンが得意
③インターネットが得意

この3つの条件を解決するたった一つの方法は「時間の自由がある事」です。

時間が自由に使えればパソコンの前に一日中座っていられるし、パソコンの知識も学べます。

インターネットの勉強もできます。

でもそんな恵まれた人は殆ど居ないと思います。

なぜならあなたも私も日常の仕事を持っているからです。

もしあなたが個人事業主だったり会社を経営していたら、
パソコンの前に1日座っているなんて到底無理な話です。

営業もしなきゃならない、お店の管理もしなきゃならない、
従業員の管理もしなきゃならない、やることは山ほどあると思います。

やはりパソコンが苦手な人にはネットで集客してお金を稼ぐのは難しいような気がします。

集客できない2つ目の原因:PPC広告に振り回されること

PPC広告とはインターネットの広告の1つです。

インターネット史上最強の広告と呼んでいる人達もいるくらいに認知度の高い広告です。

ウェブサイトを検索すると「スポンサードサーチ」と紹介されている
画面上の上と右にちょっと目立つ場所があると思います。

それがPPC広告です。

広告主は見込客にクリックされる毎に広告代を支払う形なっていて、クリック数が多いほどお金が掛かります。

なので、クリックしてもらってから成約に結び付ける為のセールスページの内容が
あなたの売り上げを上げる重要なポイントになってきます。

私の話で申し訳ないのですが、PPC広告はインターネットで最強の広告だと聞いたので、
本を買ってグーグルのマニュアルを読みながら登録作業をしました。

アカウントを取ったり、カード決済の手続きをしたりして途中何度もつまずきながら広告を作りました。

恥ずかしい話ですが全てが不慣れな作業で登録作業を開始してから
1つ目の広告を出稿するまでに6時間もかかりました。

それでも初めてのインターネット広告だったので夢と希望を抱きながら一晩寝て
結果を確かめる為にパソコンを開いてみると…

1晩で1万円が消えました…

しかも成約数は「ゼロ」でした…

本で教えてもらった通りに実践したのに理由がわからないまま
1回寝ている間に1万円がなくなってしまったので本気で詐欺にあったような感覚を憶えました。

これ依頼PPC広告は一切手を出していません。

そもそもPPC広告って本当に集客できるのでしょうか?

集客して売上げを上げる事ができるのでしょうか?

答えは「イエス」だと思いますが、それには膨大なテストと検証が必要なようです。

先日PPCに精通した友人と話をした時に教えてもらったことがあります。

PPC広告はクリック単価(クリックされた時の広告代)が40円以下でないと儲けが出ないそうです。

楽●のショッピングモール内の広告の場合でも、
「まずはクリック単価100円を目標にしましょう」と教えられるので40円以下は結構ハードルが高いです。

しかもこの話は粗利率が8割から9割ある商品を取り扱っている業界の話なので、
これを聞いた時に「違和感」を覚えました。

1回クリックしてもらってセールスページに誘導するごとに40円かかったとすると、
1万円の予算ではたった250人にしかアプローチ出来ないという事です。

ネットショップの平均の転換率(お客様が商品を買ってくれる割合)は1~2%といわれているので、
仮に良い方をとって2%だとして5人が5,000円の商品を買てくれたとして、売り上げは25,000円。

粗率が30%だと、利益は7,500円なので…

広告代10,000円-利益7,500円=△2,500円

完全に赤字です。

集客できない3つ目の原因:実績の無い人から教わっていること

世の中には自分が実績を上げている『フリ』をしている人がたくさんいます。

他人の実績を、さも自分の功績のように話をしたり、自分の売り上げや収入、
ライフスタイルを偽って飾ってみたり…

そんな人間から教わっていたら絶対に成功できません。

また、世の中には運だけで成功した人も沢山います。

たまたま運が良かったり、時代背景がマッチしたおかげで一時的な成功をする事はよくあります。

問題なのは運で成功し人が、さも独自の確立されたノウハウであるかのように
本や教材で集客ノウハウとして教えている事です。

そのタイプの人に教わると間違いなくビジネスは失敗してしまいます。

なぜなら彼らのノウハウは実力では無く成功確率の低い運であり、
成功し続ける為の真のノウハウではないからです。

出発地点も同じ必要があります。

例えば実家が金持ちで多額の出資をしてもらい最初から広告代などの豊富な資金がある人と、
現在借金地獄の人では、やれる事も、気持ちも、使えるお金も全く違います。

あなたと同じスタート地点、つまり本当の意味でのゼロから結果をだして
成功した人からビジネスを教わらなければ同じように成功できないのです。

ビジネスで成功する為にはゼロから這い上がり続けている人の話を聞く必要があるのです。

集客できない4つ目の原因:見本や実例がないこと

多くの人が集客できない最大の原因は『見本』がない事です。

教材を見た瞬間やセミナーに参加した日は、誰もがやる気になります。

しかし、いざやろうと思うと、なぜかモチベーションが下がって
挫折してしまった経験がある人も多いと思います。

その一番の原因は、世の中の集客やビジネスのノウハウが、
過去に成功した事例の一部を説明しているだけだったり、
一番重要な部分は隠されていたりで現在進行形では無いものが殆どだからです。

「今現在、結果の出ているノウハウを全て隠す事無く見せて欲しい!」

と思った経験がある人も少なくないと思います。

理論やテクニックよりも実際に稼いでいる広告を見ないと分からない事が沢山あります。

しかし現在、新聞広告の作り方について教えるノウハウは殆どありません。

特に最近は、殆どの集客ノウハウがフェイスブックやブログなどの
インターネット集客を教えるものばかりで、オフラインの紙媒体(新聞、雑誌、チラシ等)を使った
集客を教えるノウハウでさえも少なくなっているような気がします。

なので『見本』を選ぶことも重要な成功要因となります。

新聞広告のデメリット

では、私がお話しする『新聞広告』にはデメリットが全くないのか?

おいしい話だらけなのか?

という疑問もあると思いますので先にお話しておきます。

「あります」

やり抜いた人間だけにしか分からないリスクが複数あります。

ちなみに私は新聞広告中心の集客で実際に今も2つのビジネスを運営しています。

実際にどのような結果が出るのかを2つの実例を話します…

ケース1:農業機械販売店の事例
広告代5万円⇒売上げ105万円(粗利50万円)

比較的利益率の高い機械が売れたので高い利益を獲得、
この業界で新聞広告を出す会社が殆どなかったので地域の有名店になっています。

ケース2:小売店(園芸店)の事例
広告代5万円⇒新規見込客リストを58人獲得(見込客獲得単価870円)

去年1年間で同じ広告を6回出して集客して350人以上見込客を獲得、
後のフォーローで約5割を信者客(お店のファン)に変えることで年間1万円~3万円以上使ってくれるので、
売上げが安定して増えています。

紹介した事例はほんの一部で、私は5年間で静岡、山梨、長野の3県に
1300万円以上の広告代を投入して2億3000万円以上の売り上げを獲得しています。

他人の話では無いので、あなたがこの情報に対して信用してくれるかどうかは分かりませんが、
どちらの業種も私自身は『ゼロ』の状態から始めたビジネスで
今でも新聞広告で安定した集客を実現しています。

また、業種の違いに違和感を感じた人も多いと思いますが、
最初の方でお話した通り新聞広告は把握できる限りさまざまなビジネスで集客できます。

復習ですが、実際に新聞広告で集客し続けている業種の事例を挙げると…

住宅、外壁塗装、不用品処分、結婚相談、家庭教師、塾、カルチャー教室、水道工事、園芸、車屋、金の買取り、コンサート、講演会、ペット、歯列矯正、スポーツ用品の通販、ピアノ買取り、カツラ、エステ、石鹸、美容クリーム、薬、サプリメント、薬局、漢方薬、金券屋、便利屋、通信販売、他、様々な業種があります。

これらは私の地元の新聞でここ最近掲載されていた会社です。

そして、殆どの広告は『下手』なのでライバルの内に入らないと思います。

新聞広告に出会って5年、沢山の広告を作って出してきましたので長所も短所も知り尽くしています。

あなたが真剣に新聞広告の勉強をして実践すればライバルの広告を出し抜いて
地域一番の繁盛店にのし上がる事も夢ではないと思います。

具体的なデメリットをお話します

では、ここで新聞広告集客のデメリットを具体的にお話します。

新聞広告集客は2つのデメリットがあります。

1つ目のデメリットは『お金がかかる事』

広告の種類や大きさにもよりますが、私があなたにお伝えしたい広告は
1万円~10万円位の予算で実践する広告です。

最近の私は高くても1回5万円くらいの広告しか使っていません。

2つ目のデメリットは『新聞広告で集客する方法を覚えなければいけない』

実はこれが一番のデメリットです。

あなたに実践して頂きたい新聞広告は『小予算』で実践して大量の見込客の集客を狙う広告です。

新聞広告は一般的に「大きくないと反応が取れない…」と言われていて、
これは一部の広告代理店やコンサルタントあたりがテープレコーダーで録音したものを
流しているのではないかと思うほど同じことを言っています。

実際は違います。

新聞広告は、小さくても、お金をかけなくても反応がとれます。

ただし、そのためには緻密な戦略とテクニックがどうしても必要になるのです。

あなたに実践して欲しいのは心理学と脳科学をフルに活用した方法ですので、
今までの古い広告の出し方しか知らない人にとっては「信じられない」と思うほどの
反応率を達成する事ができると思います。

広告代理店やコンサルタントが机上の空論で言っているような単純なものではありません。

実際に「葉書サイズ」の5万円の広告で掲載初日に28人、2日に15人、1週間で60人前後の
オフラインの見込客を集客する事が実現できている広告を作りあげる元になっているテクニックです。

この数字を広告代理店の営業マンやチラシなどのオフライン広告を実践している人たちに話すと
「そんなに集まるんですか!」と目を丸くするほど驚きます。

無名で5年前に借金まみれの家業を引継いだ私が、
インターネットに殆ど頼らずに新聞広告中心の集客で
4年連続で5,000万円の年商を上げ続けているのがその良い例です。

つまりこの緻密な新聞広告の手法さえ暗記してしまえば、
何も知らない状態で始めるよりも高い確率で結果を出す事が出来るのです。

しかしこの手法を覚える為には新聞広告集客のノウハウの書かれた
67ページのレポートを勉強する必要があります。

このレポートを読んで勉強する時間が一番のデメリットです。

「私は勉強が苦手なので、新聞広告集客を覚える自信がありません」

という不安な方もいると思いますが、ここが最も重要になるのですが、
新聞広告には反応の取れる広告を作る為のテンプレートがあります。

テンプレートとは『いつでも』『誰でも』『同じ結果を出せる』『ひな形』の事で、
このひな形に忠実に従う事で集客経験が無い方でもリスクを抑えて新聞広告集客を始める事ができます。

そして面白い事に、新聞広告作りに慣れてくるとテンプレートは
あなた自身が作り出す事が出来るようになる
のです。

なので私は勉強する価値があると思っています。

新聞広告は初心者の方が実は成功確率が高いのです

初心者の方が有利なのは、単に知らないからです。

広告について知りすぎてると、変なテクニックに走ったり、デザインに妙なこだわりが出たります。

「いつかは新聞一面全部を使ってカッコイイ広告を出したい」なんて言っていた、
集客コンサルタントがいましたが、そんな提案に乗せられたら何百万円もの大金をドブに捨てるのと同じです。

コンサルタントと広告代理店、新聞社の懐を肥やすだけで何の意味もありません。

よほど社会福祉に役立てる為に寄付したほうが利口です。

私たちが実践すべき広告の基本は、『小予算』で実践できる『小さく』『シンプル』な広告です。

「デザインもシンプル」
「内容もシンプル」

これがとても大切で、シンプルな中でインパクトのある言葉を使います。

この言葉の使い方で反応率が2倍にも3倍にもなるから広告はおもしろいです。

インパクトのある言葉とは、見た瞬間に感情が「ビクン」とするような強い単語です。

感情を刺激しなければ、お客様はあなたの広告に絶対に反応してくれません。

何度も刺激するほど新規客の数が増えます。

「そんな知識ないよ…私には難しそうだなぁ」

と思うかもしれませんが大丈夫です、安心して下さい。

お客様があなたの広告に釘付けになるインパクトのある言葉を習得する
とても効率の良い方法があります。

この言葉さがしは誰にでもできる方法で、パソコンや新聞、雑誌でもできます。

気をつけなければならないのは、間違った言葉を選ばない事だけで、
ポイントさえ押さえればネタはあなたの回りに沢山ころがっています。

あなたはインパクトのある言葉を使って、テンプレートに当てはめて新聞広告を作るだけ。

面白いと思いませんか?

あなたにも必ずできます

よく言われることがあります…

「中村さんだから出来たんだよ」

という内容です。

「お金が無きゃできないんじゃないのか?」
「ビジネスの経験者しかできないんじゃないのか?」
「人柄が良くなきゃできないんじゃないか?」
「人脈がなきゃできないんじゃないか?」

という疑問です。

これは一番真剣に伝えたい事なのですが、私だから出来た訳ではありません。

なぜなら

私は6か月前まで一人ぼっちでした

私が今から6年前にサラリーマン生活を辞めて家業を引き継いだときには、
自分の近くに誰もビジネスを教えてくれる人が居ませんでした。

親父が金融公庫から借りた借金だらけで「返しては借り」また「返しては借り」の繰り返しの自転車操業で、
未来に希望が見えない状況でした。

なぜそんな悲惨な家業を引継いだのかというと、私自身が家業の借金の保証人になっていたので
何とかして売上げを上げるしか無い状況だったからです。

私自身は普通に考えたら成功する要素が全くない人間でした…

「サラリーマンだったのでビジネスを教えてくれる人が周りにいない」
「家業は借金まみれで自由に使えるお金が無い」
「親の借金の保証人になっている」
「広告作りを教えてくれる人が誰も居ない」

まだ年齢的にも若かったので精神的にも荒れまくっていて、
何回、一緒に仕事をしている父さんと母さんを罵倒したか分かりません。

今を思えば、その頃の私は、会社の売り上げが上がらないのは全て親の責任にしていました。

毎日仕事が無くなる事への不安を感じながら、路頭に迷いながら、
本屋のビジネス書を立ち読みしては自分の為になりそうな本を探していました…

小さな救世主との出会い

私を救ったのは、ある1冊の本でした。

それは、今も有名なあるマーケッターの集客に関する内容が書かれた本でした。

当時マーケティングとは無縁だった私にとってこの本との出会いは衝撃的で、
一文字一文字が全て貴重なノウハウでした。

何度も何度も読み返して、内容を頭に叩き込みました。

そして本の中に書いてあることを見よう見まねで応用して実践していきました。

お金をかけずに手っ取り早く集客できそうなものはすべて行動していきました。

「ホームページビルダーを買って1週間徹夜続きで作ったホームページ」
「ひたすら送ったダイレクトメール」
「なけなしの10万円の予算をかけて近所に配ったチラシ」

その結果、少しずつ自力で集客して売上げが上がるようになったのです。

新聞広告との出会い

もっと効率の良い方法はないか?

そう考えていた時に新聞広告に出会いました。

「新聞なら一気に大量の読者に情報を発信する事ができる」

そう思いました。

色々調べ始めると、広告代はピンからキリまであり、
当然の事ながらお金が無い私の会社は出せる広告は限られました。

色々検討した結果、一番広告代が安い業界用語で3行広告と呼ばれている
地元新聞の掲示板スペースに初めての広告を出しました。

インターネットのPPC広告みたいなものです。

1回1万円がその頃の広告予算だったので、1行17文字2100円を3~4行使い、
月に2回3回出しました。

そしたら、嬉しいことに2回に1回は仕事が取れ、
支払った広告代以上の利益が毎月生まれるようになったのです。

勢いにのった私は、それから利益が出ると色々な新聞の広告枠を使って反応率を研究し始めました。

小さな広告で最大限に反応をとるためにはどうしたら良いか?

そればかりを考えて新聞広告を研究し続けました。

その結果、「新聞広告は大きくなくて良いことが分かりました」

あるサプリメントの通販会社は一人の新規客を獲得するのに55,000円の予算を見ているそうです。

55,000円かけても、その人が生涯に渡って55,000円以上の利益をもたらしてくれる事が
データーでわかっているから一回数百万円もする大きな広告を何回も掲載しているのです。

でも私は高くても一人1000円の獲得コストで地元の新規客と、
そのお客様の個人情報まで獲得しているのでお金をかけずに広告を出せば出すほど
売り上げが上がっています。

1年半ほど前から始めた園芸店は、小売りの商売ですが、
5万円の広告を9回出しただけで延べ400人以上の新規客を呼び込むことができています。

年間購入金額が1~3万くらいなので仮に少なく見積もって
1人1万円買ってくれるとしたら400人集まれば400万円の売上げ、
粗利は30~35%なので「400万円×30%」で少なくとも120万円の粗利益。

広告代は9回45万円なので、「120万円-45万円」で、
少なく見積もっても1年で約80万円の利益が生まれる事になります。

実際のお店の売り上げの上がり方もほぼこの計算の通りになっています。

これは1年単位で計算しただけの話で、実際は生涯価値(お客様が一生涯で使ってくれるお金)で
判断するので、広告のもたらす利益は80万円以上です。

勿論、生涯価値を高める為にお客様の個人情報も収集しているので、
固いリピート客になってもらうためのニュースレターも送ることができています。

この年齢層は一度固い信頼関係を築くと息の長いお客様になってくれるので、顧客の流出が少なく、
広告をだせば出すほどお客様が増えて売り上げが安定していくことを身を持って体感しています。

次はあなたの番です…

今度は私のように、あなたが稼ぐ番です。

そこで今回、ここまで真剣に手紙を読んでくれたあなたに、私が5年前から始めて今も実践している
新聞広告集客を全てマスターできる教材を公開しようかと考えています。

リーマンショック、そして昨年3月11日の震災の影響で今の日本の景気は先が見えない状況です。

私の知っている限りでもかなりの数の個人商店や会社が不況のあおりを受けて倒産したり、
ビジネスを続ける気力を無くして社員を解雇して閉めてしまった人もいます。

今の日本には元気のある経営者が少なくなってしまった…と感じています。

「お金の亡者になってください」とは言いませんが、やっぱりお金は多くあった方が便利です。

何もかもを失ってゼロになったとしても、集客さえできればどんなビジネスでも
スムーズに立ち上げる事ができます。

集客できる事がビジネスの最も重要なポイントだと言っても過言ではないと思います。

『全てを失ったとしても集客できる』=『神』

私はこう考えています。

あなたにもこの『神のスキル』を身につけてもらいたい。

どんな逆境があなたにぶち当たったとしてもゼロから這い上がる力をつけて頂きたい。

そう思ったのです。

私もお金持ちになりたいです

もちろん綺麗な話だけではありません。

このレポートを販売すれば、当然私もお金が儲かります。

私はまだまだお金持ちになりたいと思っています。

今よりもっと経済的に豊かになる事に興味があります。

それも本音です。

しかし、私が経済的に豊かになる事と同じ位、
私がこれまで経験してきた事を現在お金で苦しんでいる人達に伝えて救う必要がある。

「ビジネスは集客が自分の力でコントロール出来れば楽しい」という事を伝える必要がある。

そう考えたのです。

そしてあなたが稼げば稼ぐほど、その対価として私の収入が増える事も理解しています。

ですので、あなたに新聞広告を作る力を身につけて頂き稼いでもらいます。

そしてあなたと一緒に、私も更に経済的に裕福になります。

一緒に頑張りましょう。

新聞広告集客を実践する具体的な方法

これまで、新聞広告の出し方や集客の仕方がわからないというだけで、
せっかくの才能や商品、サービスが無駄になっている人を、たくさんみてきました。

今回の『新聞広告集客塾』というレポートを通して、広告経験ゼロの状態から
ステップバイステップで新聞広告集客を学び、あなた自身の力で広告を作って
集客できるようになるための方法をすべて教えます。

もしあなたが何らかのご商売をしていて商品やサービスを販売しているのでしたら、
新しい新聞広告という集客法を取り入れて
売り上げを短期間(短時間)で2倍3倍にする事を目指すのも悪くはないと思います。

また、あなたがコンサルタントやセラピストだとしたら、難しいインターネットや、
商工会の主催するセミナーに依存せず、新聞広告に露出する事で
社会的地位を上げて有名になり高額セミナーを販売する事も悪くはないと思います。

どちらにせよ、あなたには選択する自由があるという事です。

小さな広告で集客できる力を身につければ大きな広告でも
安心して投資する事ができるようになると思います。

商品やサービスによっては全国にあなたの新聞広告を出して一気に売り上げを上げる事も
現実的になってくると思います。

自分の会社の商品やサービスを億単位で売上げるのも、集客コンサルタントとして稼ぐのも、
全てあなたが選択して良いのです。

今回あなたに提供する新聞広告集客塾のレポート(全67ページ)の具体的な内容は…

第一章:【基礎知識】事前準備
ライバルの少ない新聞広告市場で18か月後に年商4倍を目指す為の具体的な参入方法を解説...新聞広告集客をサポートする4種の神器、反応率を上げる手法、広告コストを下げる方法など広告を始める前に知るべき情報を全てあなたに余す事無くシェア

 

  • スムーズに新聞広告集客を始める為の6つのステップ-新聞広告であなたの商品やサービスをスムーズに全国展開する事も可能とする為の新聞広告の始め方を6つの行動ステップで分かりやすく伝授…事前にリサーチして驚いた事に意外に多くの人が新聞広告の出し方を知りません
  • 新聞広告集客をホテルのコンシェルジュのように手厚くサポートする4種の神器-もしあなたが時間と労力を使いたくないのでしたら4つのツールを準備して下さい…お金がない?リサイクルショップに行けば3万円でおつりがきます(最低2つでも大丈夫です)
  • 儲けの臭いがするビジネスのネタを見つけ出す方法-新聞広告で秘かに儲かり続けている会社の情報を『0円』でリサーチする方法を公開…あなたが新たなビジネスを探しているならこの方法で儲かるビジネスを見つけて下さい
  • ライバル広告を合法的にマネして反応率を3倍にする方法-アメリカ譲りの秘密の手法を伝授…ライバル広告を3ステップで分析して合法的に真似し広告の反応率を3倍に引き上げる方法
  • 広告の反応率が急上昇し始めるゴールデンタイム-見込客の心の準備ができて財布を開けるゴールデンタイムを逃すくらいなら初めから広告なんて出さないほうがマシ…このタイミングを知らないとアナタは見込客がお金を使う心の準備ができる前に集客を諦めてしまう危険があります
  • 見込客の感情を支配し売り上げを4倍に引き上る3つの広告集客マインドセット-広告の反応が前もって予測できたら嬉しくないですか?…実は出来るのです…この3つのマインドセットを頭に叩き込む事であなたの脳は広告脳に切り替わり原稿を作っている段階から見込客の反応を予測しながら広告を作る事ができるようになります
  • 有能な新聞広告代理店を見つける4つのステップ-広告代理店の質であなたの新聞広告が成功するか失敗するか決まります…嘘ではありません、本当です…このステップで有能か無能かを見分ける判断力を養ってください
  • 広告代理店の嘘を見抜く方法-広告代理店が売り込みをかけてくる広告は反応の無い無意味な広告が殆ど…無駄な広告代理店の巧みな営業トークに踊らされて無駄な広告代を掴み大切なお金をドブに捨てる事が無いよう知識武装して下さい
  • 業界関係者だけが知る超激安な裏の広告代を暴露-広告を定価で出すなんて勿体ない!...あるビジネスオーナたちとの懇親会でこの内容の一部を5分話しただけで「5万円以上の価値がある」と言わせた裏取引される秘密の広告代をコッソリ教えます
  • 広告代を67.2%削減した悪魔の交渉術-広告代は新聞社と交渉する事で驚くほど下がるのですがその前段階としてある「キーマン」とコンタクトを取ってWIN-WINの関係を築く必要があります...素人でもスムーズに価格交渉ができるように交渉の流れをテンプレートにしました
  • 他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...
第二章:【新聞広告マネジメント】基礎編
新聞広告の作り方の基礎を学び反応率が高い広告を最短10分で作る方法を公開...プラチナ広告枠を見つけ出し小予算、高確率で集客できるようにする為の方法をステップバイステップで解説

 

  • 広告代理店は広告のプロ?-いいえ、違います!この誤解が多くの会社の広告の反応率を「4分の1」に激減しています...だから多くの会社はいつまでたっても広告で儲からないのです
  • 24㎝×7㎝の中に10個の「心理トリガー」を凝縮したテクニカルな新聞広告-通信教育の広告を作りたければこの広告をマネして下さい...新聞広告マニアの秘密の教材を紹介
  • 素人が10分で反応率の高い9㎝×12㎝の新聞広告を作る6ステップ-私自身も実践しているシンプルで反応率が高い広告の作り方のコツを具体的なステップでお教えします
  • 新聞読者があなたの会社を一流企業と勘違いする広告の掲載場所-もしあなたが会社の名前を有名にしたければ新聞紙面の中の「ある場所」に広告を出してください...見込客の潜在意識にあなたの会社が一流企業だという擦り込みができ信頼度が大幅に上がり大企業から大口の商談が舞い込むことも...
  • 地元の見込客の手っ取り早く集客できるプラチナ広告枠-地域密着の商売(ビジネス)を繁盛させるのに最適な広告枠があります...私はこの広告枠を5万円くらいで買って地元の見込客を一網打尽にしています(ヒントはフリーマーケット)
  • 新聞広告の反応率を53%上げる「色」の使い方…あなたは色の知識がありますか?大丈夫、問題ありません…色の知識なんてむしろ無い人の方が広告作りは有利なんです…色の知識なんて無くても反応率の高い広告を作る事を可能とする配色の秘密を公開
  • 他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...
第三章:【新聞広告マネジメント】実践編
あなたの商品やサービスを安売りしなくても喜んで買ってくれるお客さまだけを獲得する為の広告の作り方を詳しく解説...新聞広告コピーライティングの技術を磨きクレーマーを排除し高額商品を販売する為の広告テクニックを公開

 

  • 詐欺師にでもなったかと勘違いするほど簡単に高額商品を売ってしまう方法-安売り大型店舗の存在を気にする事なく見込客をあなたの思うままに心理コントロールして価格競争に巻き込まれる事なく商品やサービスを売ってしまう手法を公開
  • たった一言が原因でクレーマーが大量に集まってしまった貧乏広告-パッと見たところ普通の広告に見えて実は驚くほど質の悪い「泥棒客」が集まってしまった広告があります…たちが悪いことに原因は多くの人は何の疑いもなく使う言葉です...あなたはこの言葉を絶対に使わないでください
  • お客様との会話からUSP(ユニークセールスプロポジション)を見つける方法-あなたのビジネスにUSPはありますか?そんなの無い...それならいい方法を教えます
  • 「新聞広告コピーライティング」のスキルを磨く為に1日1回10分間やるべき習慣-新聞広告で必要とされるコピーライティングは1つの文になるべく多くのメッセージを盛り込む必要があるという事です...覚えれば雑誌やチラシにも応用可能です...お金をかけずに日常生活で実践できるスキルの磨き方を解説
  • 新聞広告を出した後にやらなければならない3つの事-売り上げが10倍にも20倍にもなる可能性のある魅惑のメソッドを公開...新聞広告の反応率を引き上げるだけでなく信者客も量産できる費用対効果の高い方法を公開
  • 以上は氷山の一角に過ぎません...
第四章:【新聞広告マネジメント】究極の応用編
5万円の広告で大量の見込客を集め効率よく信者客を量産している新聞広告戦略の秘密を全て公開...新聞広告テンプレートを巧みに使いこなし見込客の個人情報をスムーズに収集して信者客に短期で育てる事を出来るようにする為の方法を伝授

 

  • 5万円の新聞広告で見込客の個人情報を大量に集めてリピート客を超える『信者客』を量産している広告の具体的な戦略とは?-1年で400人以上の地元見込客を来店させ7割を信者客に変えてしまった一撃必殺の集客手法をあなたに全て余す事無くシェア...この手法を応用してあなた独自の信者客量産メソッド(方法)を作りあげて下さい
  • ライバル広告を逆手に取り広告効果を最大14倍にした「パラサイト戦術」とは?-5年間誰にも口外することがなかったライバルが聞いた途端ブルブル身震いして新聞に広告を出す事を恐怖に感じてしまう秘密の戦術を公開
  • 究極の新聞広告テンプレート-1年で400人以上の見込客を集客し今も活用している新聞広告テンプレートを公開...チラシ、ダイレクトメール、雑誌の広告にも応用可能なテクニックの数々を伝授
  • 他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...
第五章:究極の広告コスト削減事例
3年で1000万円クラスのメルセデスベンツをキャッシュで買えるほど広告コストを削減しても反応率を上げた新聞広告の理由を詳しく解説

 

  • 3年で約1,000万円の広告コスト削減を実現した広告事例を公開-多くの人は広告は大きくするほど反応率が良くなって儲かると思っていますが実は小さい方が儲かる場合も多いのです...新聞広告の酸いも甘いも経験した私が辿り着いた現在の新聞広告スタイルを公開
  • 他にもここでは紹介しきれない数々の秘密を公開...

絶対に挫折しない為の特別なプレゼント

新聞広告で集客をしてあなたが何の商品やサービスを売りたいのか?

それは私にはわかりません。

しかしどちらにせよ新聞広告集客を実践している最中につまずくであろうトラブルは予想できます。

なぜなら私は5年前以上から新聞広告だけに1300万円以上の投資をして、人一倍新聞広告を実践しているからです。

そこで『新聞広告集客塾』に参加される方には、少しでも不安要素を残さないために7つの特典をプレゼントします。

特典1:180日無制限メール相談
一人で悩まず何回でもご相談ください!私、中村が180日間、直接メールで完全サポートします

マニュアルを販売して終わりなんてことは絶対にしません。

私の目的は集客で悩んでいる人たちを一人でも多く救う事です。
私に直接届くメールアドレスをお伝えしますので、いつでもメールをください。

よく「経営者は孤独だ…」と言われますが、私も同感です。
家族や友人にビジネスの悩みを話しても理解してもらえないことが殆どです。

この機会に同じ立場で悩みを理解しあえる良き仲間として何でも私に聞いてください
新聞広告集客についてのことでしたら何でもご相談に乗ります。

特典2:月1回新聞広告事例集配信、全6回
新聞広告事例を月1回ごと全6回メール配信

新聞広告を使って集客して結果を出すためには、多くの事例を学び応用する事が必要です。

レポート購入後180日(6カ月)の間に月1回ごと合計6回にわたり、
広告「これはいい」と感じた広告の事例をまとめたレポートをメールで配信します。

この月1回のレポートであなたの広告集客力を鍛えて下さい。

特典3:月1回Q&A配信 全6回
受講者から頂いた質問と回答を月1回ごと全6回メール配信

レポート購入後180日(6カ月)の間に月1回ごと合計6回にわたり、
受講者から頂いた質問と回答を月1回ごとメールで配信します。

他の受講者の悩みと解決策を共有する事で気付いていない問題点を知る事ができ
成功確率を高める事ができます。

特典4:秘密のセミナービデオ
見込客の96%が2時間で信者客に変わるセミナーの収録映像を特別に公開

ビジネスが儲かる為には信者客を増やす事が重要な鍵になります。

私は新聞広告で集めた見込客を定期的に開催する2時間のセミナーに参加してもらい
96%の確率で信者客に変えています。

セミナー中に感情を揺さぶるテクニックをさりげなく使い、売込みは一切していないのにセミナー終了後に
お客が私の商品を買いたくなってしまう様子を収録した全2時間11分のビデオです。

(レポート購入後、ダウンロード先を案内するメールをお送りします)

特典5:秘密のセミナーテキスト
見込客をセミナーに集中させ続けるテキストの仕掛けとは?

特別特典4のセミナーでは、ある簡単なテキストを使用しています。

テキストに簡単な「仕掛け」をすることで、見込客が居眠りすることなく
最初から最後まで集中して私の話を聞き続けています。

(レポート購入後、ダウンロード先を案内するメールをお送りします)

特典6:広告の反応率を3倍にするアンケート
広告の反応率を上げるネタを収集できる2つの質問とは?

特典4のセミナーの最後に答えてもらうアンケートです。

このアンケートは5分で答える事ができるとても簡単なものですが、
このアンケートで頂いた回答を参考に広告を作る事で広告の反応率を上げる事ができます。

それと顧客リストにもなっています。

(レポート購入後、ダウンロード先を案内するメールをお送りします)

特典7:ダイレクトメール集客法
金なし、コネなし、見込客なしから「0円」でリストを集めて5万円のコストで11日後に36万円の利益を生んだダイレクトメール実践レポートを特別にプレゼント

私は新聞広告以外にも集客する方法を研究しています。

もしあなたがダイレクトメールにも興味があれば参考にして下さい。

このレポートは私が新聞広告を使って集客を始める前に実践して利益を出していたダイレクトメールの
具体的な方法についてまとめたレポートで、全国の見込客リストを無料で収集する方法、
開封率を上げる為の封筒の工夫、ダイレクトメールの内容を公開しています。

(レポート購入後、ダウンロード先を案内するメールをお送りします)

営業マンを一切雇わず新聞広告だけに集客してもらう気楽な生活も悪くないと思います

今回の新聞広告集客塾は多くの人が集客で成功できない4つ原因を全て解決したプログラムになっています。

もう一度思い出してください。

1つ目は『フェイスブックやブログに振り回されること』

最近流行のフェイスブックは初期投資が必要ないので
リスクを最小限に抑える事ができるのかもしれませんが、
日々進化していてインターネットが苦手な人には難しいと思っています。

システムが進化してしまうとまた最初から使い方を覚え直す必要があるため面倒だし、
その度に本や教材、セミナーで勉強しようと思えばお金がかかります。

新聞広告は昔から存在する広告媒体で、
仮にパソコンが無くても広告を出す事が出来るくらい簡単で自分のペースで広告を作って
集客を開始する事ができます。

紙を使ったアナログな広告なので進化のしようがなく、
実際にここ5年で見ても広告の出し方や他のライバル広告の内容は何ら変わりがありません。

情報が氾濫しているインターネットに比べて新聞は信頼度が高いメディアなので
広告を出す事で社会的地位も上がります。

35歳から上の年齢層、特に購買意欲の高い年配の方をターゲットにする場合にとても有効な手段です。

2つ目は『PPCに振り回されること』

難しいだけで大した反応も得られずお金が無くなる広告に投資するくらいなら、
お金を海に向かって投げ込んだ方がお金が無くなる理由が分かってまだ納得がいくと思います。

新聞広告はあなたの広告の出来が広告の反応率を左右するので正直です。

集客ノウハウを覚えて実践して研究すれば反応率は上がりますのでやりがいを感じる事が出来ると思います。

3つ目は『実績の無い人から教わっていること』

嫌味のように聞こえるかもしれませんが私自身5年前からインターネットに依存せずに
新聞広告中心の集客で会社を経営しています。

借金まみれだった「ゼロ」の状態から新聞広告で売り上げを約4倍にし、
今は2つのビジネスを新聞広告中心の集客で運営しています。

4つ目は『見本や実例がないこと』

たぶん多くの人が集客でつまずくのは『見本』が無い事です。

新聞広告集客塾のレポート内で紹介する広告原稿、
テンプレートは今の私が実践している物なので良い見本にして頂けると思います。

そして、7つの特典で広告作りをサポートします。

あなたがどのようなライフスタイルを夢に描いているのかはわかりませんが、
自分が動くことなく、営業マンを雇うことなく新聞広告を出すだけで お客さまをあなたの元に集客し
年商を数千万円から億単位にする生活を目指すのも悪くない選択肢だと思います。

まずは儲けて家族に恩返しをしてあげて下さい

私が新聞広告で儲かるようになって実現できたことが3つあります。

1つ目は、家業の借金を全て完済できました。

私自身が保証人になっていた借金を完済することが出来たので、
前向きにビジネスに取り組むことが出来るようになりました。

借金が無くなることで想像以上に気持ちが楽になり、
今では自分へのご褒美として年に1回は海外旅行に行くようになりました。

2つ目は、両親が休みたい時に休んでもらうことが出来るようになりました。

私の記憶する限り、両親は年中仕事をしていました。

今は年齢も60代半ばになったのであまり無理をすると体を壊す心配があります。

「休みたい時は休んでいいよ」と声をかける事が出来るようになりました。

今は店番をしてもらったり、休みの時には孫の面倒を見たり家庭菜園をしたりと
のんびり過ごしてもらうことが出来るようになりました。

3つ目は、苦労を掛けていた妻と子供にサラリーマン時代よりも
少し贅沢な生活をさせてあげる事が出来るようになりました。

妻は私の最大の理解者で、サラリーマンを辞める時も家から
300万円ものお金をビジネスの為に持ち出すときも「だってしょうがないじゃん、なるようになるでしょ」って
言ってくれ、一切反対することなく全てを受け入れてくれました。

今はサラリーマン時代よりも稼ぐことが出来るようになったので、子供を連れて好きな時にディズニーランドに行ったり、水族館に行ったり、恐竜博物館に行ったり、動物園に行ったり、まとまった休みが取れる時には家族が望むどこかに連れて行ってあげる事が出来るようになりました。

もしかしたら、これらはあなたにとっては普通の事なのかもしれませんが、この普通が借金ばかりあった頃には、お金も気持ちも余裕が無くてできませんでした。

あなたが恩返しをする相手は誰なのかはわかりませんが、ぜひお世話になった人、迷惑をかけた人達に何かしらの恩返しをしてあげて欲しいと思います。

あなたが成功するために行う事は以下の数ステップだけなのです

ステップ1:
まず『新聞広告集客塾のレポート』に一通り目を通して下さい。

ステップ2:
『新聞広告集客塾のレポート』に公開されている「4つ」のステップで有能な広告代理店を見つけて、
レポートに公開されている儲かる広告の掲載場所を探して下さい。

ステップ3:
『新聞広告集客塾のレポート』で学んだ広告作成スキルを活用して広告を作ってください。

ステップ4:
広告を実際に出して見込客の集客を始めて下さい。

ステップ5:
分からない点がありましたら、レポート購入後180日間無制限でメールサポートいたしますので
私まで直接メールを送って下さい。

教材を渡したら「はい終わり」なんていう身勝手な事もするつもりはありません。

なぜなら「ビジネスで成功する」という同じ目標を持った仲間だからです。

あなたがつまずく部分は分かっているので徹底的にサポートさせて頂きます。

私のこれまでの経験を全てあなたに提供させて頂きます。

価格について詳しくお話します

新聞広告集客塾を公開しようという話になった時、私は正直なところだいぶ迷いました。

なぜなら、新聞広告での集客ノウハウをまとめたレポートなのに、
内容に関しては今現在でも私が実践している商売を一切包み隠さずに公開しているからです。

あなたも私の商売を研究して、同じように新聞広告を出せば結果が出るだろうし、
地域によっては短期間で私以上の商売になる人もいると思います。

「公開するのは、もう少し稼いでからでもいいのではないかな?」

やっぱりもっと儲けてから、もっと実績を作ってからという気持ちは私にもあります。

正直、私の商売の広告内容に関してだけは全て隠そうかとも思いました。

でも先日、私のメンター(師匠)たちに真剣な眼差しで私に
「中村さんが実際にお金を使って結果の出ている新聞広告を知りたい」と言われました。

私のメンターはインターネット業界ではかなり有名な人たちで、
その人たちの手がけるビジネスは短期間で億単位の売り上げを連続してあげるという
偉業を成し遂げている人たちです。

インターネットの最前線に立つ人たちが新聞広告に興味を持つということは、
新聞広告がそれほど魅力的だという事です。

私のメンターたちは、自ら学んで行動して結果が出たノウハウを、
すぐに他の人に教えることでレベルアップしていったそうなので、
私も次のステップへの扉を開くために成功者であるメンターの真似をすることにしました。

ただ、これを言うと自分の価値を下げるようでいけないのですが、
今の私は年商5,000万円の売り上げを4年前から連続して生み出し続けています。

毎月416万円稼ぐという事は、月に25日間仕事したとしても、
1日17万円の動きをしないといけない計画になります。

家族経営で従業員は「ゼロ」なので営業活動は新聞広告中心で、
この5年間で新聞広告だけに投資した費用は1308万円、
年間にすると261万円の広告費を使ってきたことになります。

レポートで紹介している新聞広告が、
今時点で私が最高のレスポンスを得られていると感じている新聞広告で、
これを公開するという事は、それだけのリスクを負う覚悟をしているという事です。

なので、新聞広告集客塾のレポートは正直な気持ちとして100万円でも安すぎると思っています。

しかし今回の新聞広告集客塾は、私のビジネスノウハウを教えるものではありません。

このセミナーは新聞広告初心者や、過去に広告で痛い経験をしている人を救うことが目的であり、
100万円という価格で販売してしまうと参加できない人の方が多くなってしまいます。

そうすると私のミッションである「集客に困っている人達を救う」事が出来なくなってしまいます。

それでは本末転倒ですし、私も何のためにビジネスを行っているのか分からなくなってしまいます。

そこで、新聞広告主客塾のレポートは100万円でもなく50万円でもありません。

価格は4,980円です。

ただこのレポートですが2102年7月から販売を始めて、2014年1月まで
19,800円で販売していたもの。すでに53人の方が参加しています。

しかし最近は多くの方がどうしても流行のネット集客に意識が行くようで
月に1~2名ほどしか参加者がおりませんでした。

「もしかしたら、新聞広告で集客するような泥臭いノウハウは
誰も求めていないのかもしれない」と思い、今回はテストとして
思い切って価格を4分の1の4,980円に下げてみることにしました。

価格テストなので参加者の人数があまり増えなければ、
価格は元の19,800円に戻すことになるので、あらかじめご了承ください

安売りする訳ではないのですが、結果的にはこの価格設定だと
下手な広告制作会社のチラシのデザイン料よりもずっと安いです。

あなたが新聞広告集客塾のノウハウを習得して、自分で広告を作るスキルを覚えてしまえば
広告制作会社に高いデザイン料を毎回支払う必要が無くなります。

ビジネスを短期間で繁盛させて社会的地位も高くして18か月後には私のように
年商を今の4倍にする事も可能とする...そして家族を幸せにする素晴らしいスキルを習得できる
新聞広告集客塾が4,980円というのは本当に安すぎると思いますが、今回はこれでいいです。

あなたが成功して、私に結果を報告してくれることを楽しみにしています。

その時はお互い笑顔で祝杯を上げましょう。

返金保証についてお話します

新聞広告について初めての経験だったり少し怖い部分もあると思います。

がっかりさせるような真似をするつもりはありませんが、
一番怖いのは私を信じられないままレポートを手にすると、
その気持ちがあなたの潜在意識にブレーキをかけ、習得も中途半端になってしまいます。

あなたのブレーキを取る意味も含めて、新聞広告集客塾に万が一ご満足いただけない場合には、
購入後60日間であればお支払いいただいた費用全額を返金致します。

少なくとも60日あれば、広告代理店を探して、広告を作って、広告を出して、
広告の反応を効果検証することができていると思います。

実際に行動して、あなたが「新聞広告集客塾は自分にとって何も得る事が無かった...」と感じたのであれば
正直に私にメールしてください。

購入代金を全額返金いたします。

これであなたとはじめて友達の関係になれると思うし、私の自信でもあります。

成功とは出会いです

私が今のメンター(師匠)と6か月前に出会い、インターネットのスキルが全くない私が
こうしてインターネットを使ったノウハウの販売を行えるようになったのも、
ネットの世界で輝かしい実績を上げているメンターと出会ったことがきっかけです。

世の中すべての成功は、ノウハウとの出会い、スキルとの出会いそして、
人との出会いによってしか生まれないと確信しています。

あなたもこれまでの人生の中で大きな転機があった瞬間を振り返ってみて下さい。

良くも悪くも人生の転機には必ず何かしらの『出会い』があります。

そして『出会い』とは準備をしている人間にしか訪れません

今あなたはこの手紙を読んでいます。

こんなに長い文章を読んでくれています。

もしあなたが成功者でお金に何一つとして不自由なく過ごしている人だとしたら
こんなに長い文章は絶対に読むことは無いでしょう。

あなたが楽して月3万円儲けたいとか5万円儲けたいとかいう人、詐欺のような手法でお金を儲けたい、
もしくは社会的地位の低い家族にも言えないような仕事で儲けたいと思っていたのであれば、
最初の数行でこの文章を読むのを止めたと思います。

でもあなたはこの文章を読んでくれています。

既にあなたは新聞広告だけでなくビジネスで成功する心の準備が出来ているからこそ、
この手紙をこんなにも真剣に読んでくれているのだと思います。

家族を幸せにしたい、両親に恩返しをしたい、あなたの周りの全ての人たちを幸せにしたい…

そんな気持ちがあってこそ、この文章を読んでくれているのだと思います。

『全ての出会いは心の準備が出来ている人にしか訪れません』

私はこの小さな出会いを大切にしたいですし、あなたには必ず成功してもらいたい、
成功して経済的にも時間的にも裕福になってもらいたいと思っています。

まずは、あなたが稼いでください。

あなたが稼いでから、周りの人達を幸せにしてあげて下さい。

あなたと同じように経済的にも、時間的にも、裕福にしてあげて下さい。

あなたが新聞広告を学び、新聞広告で稼いで、安定した年収1000万円前後の収入を確保したら、
今度はあなたが周りの人達の先生となり、彼らに稼いで新聞広告で稼ぐ方法を教えてあげて下さい。

宜しくお願いします。

今すぐ以下のステップの通りに進めて下さい

それでは真剣に『新聞広告集客塾』を手にして稼ぐ準備ができましたら、
以下の『こちらをクリック』と書かれたボタンをクリックして下さい。

ライバルに先を越される前に、今すぐに行う事をお勧めします。

そして次に表示されるページに、名前、住所、メールアドレスなどを記入して、
次に支払い方法のオプションを選んで、参加ボタンをクリックして下さい。

約3分後に確認メールが届きますので、まずは内容をよく読んでください。

その中に全ての教材を見ていただく為の詳細情報が記載されていますのでご確認ください。

はやる気持ちは分かりますが、まずは『新聞広告集客塾のレポート』を読んでください。

そして分からない事は遠慮なく質問して下さい。

私からの案内に従ってプログラムに参加して新聞広告集客塾の全ての内容を
完璧に理解して実践していただき、18か月後に年商を4倍にする事をめざし、
年収が1000万円前後になったら、まずは両親や家族、お世話になった人に恩返ししてあげて下さい。

新聞広告で集客できるようになって、営業マンを雇わなくても店のレジの前に座っているだけで
お客様があなたの元にやってきて、あなたのお店の商品を買ってくれるようになる生活を実現させてください。

お客様があなたと会う事を目的にお店に来てくれて日常会話をしているだけで
商品やサービスを買ってくれる…

価格なんて気にせずに買ってくれる…

ライバルのチラシの価格にブルブル脅える日々から解放される…

従業員の給料を自腹を切って捻出する必要もなくなる…

たまに休みを取って家族を旅行に連れて行ってあげることも良いでしょう。

一緒に頑張りましょう。

新聞広告集客塾に参加する

農機具業界(農機具店、農機具輸出業、他)及び、園芸店の方へはこの教材を販売できません。
別のプログラムがございますので、事務局 054−645−4502 までお電話ください。

・ダウンロード版  67ページ
・印刷冊子版  67ページ

(印刷冊子版の場合は、送料・手数料・印刷代金が別途3,240円(※1)必要になります。)
(印刷冊子版・代金引換決済の場合は、上記手数料3,240円(※1)+別途、代金引換手数料360円が必要になります。)

追伸1

忘れてはいけない大事な事だけをまとめておきます。

『新聞広告集客塾』は、新聞広告に5年で1300万円以上の投資をして集客してきた新聞広告マニアの中村真也が、レポートを通じて0からステップバイステップで新聞広告で集客する方法をお伝えする教材です。

新聞広告集客塾のレポートは以下の内容で構成されています…

第一章:【基礎知識】事前準備
新聞広告の出し方、広告代理店の選び方、広告コストの削減方法など
新聞広告集客を始める前段階で知っておきたい具体的なノウハウを学ぶ内容

第二章:【新聞広告マネジメント】基礎編
新聞広告の作り方、反応率の高い掲載場所の探し方などの基礎を学ぶ内容

第三章:【新聞広告マネジメント】実践編
新聞広告コピーライティングなどのテクニックを駆使して広告の反応率を
テクニカルに引き上げる方法を学ぶ内容

第四章:【新聞広告マネジメント】応用編
実際に現在、私(中村)が集客をしている広告手法をテンプレートと共に全て公開し、
あなたの集客に活用して頂く為の内容

第五章:広告コスト削減事例
30万円かかっていた広告コストを広告枠と内容を変える事で
3万円まで削減しながらも反応率を引き上げた実際の広告コスト削減事例を公開した内容

これらノウハウをまとめた『67ページのレポート』と
『7つの特典』で構成されているのが『新聞広告集客塾』です。

あなたは自分の商品を売って私の様に年商を4倍にするのか?

不景気で売り上げが上がらなくて悩んでいる家族や友人のビジネスの集客を手伝って救うのか?

広告デザインの仕事を始めるのか?

コンサルタントになるのか?

それは私には解りませんが、今回の新聞広告集客塾を手にして真剣に勉強して
実践されたあなたは様々な選択肢が広がると思います。

収入が上がって少し贅沢できるようになったら、両親や家族に恩返ししてあげると良いと思います。

家族は泣いて喜んでしまうかもしれませんので、
その時に「今まで苦労かけてごめんね」「これからも一緒に楽しく暮らしていこうね」と
優しい一言を考えておいてください。

借金を一括で返済するのも良いと思います。

借金がなくなれば肩の荷が下りて積極的にビジネスに取り組むことが出来るので、更に儲かるでしょう。

少しの贅沢も良いと思います。

我慢していた時計や服、車などを現金で買ってもいいと思います。

今まで苦労してきたのだから、少しくらいは許されると思います。

『聞広告集客塾のレポート』は4,980円です。

ただこのレポートですが2012年7月から販売を始めて、2014年1月まで
   19,800円で販売していました。すでに53人の方が参加しています。

しかし最近は多くの方がどうしても流行のネット集客に意識が行くようで
月に1〜2名ほどしか参加者がおりませんでした。

「もしかしたら、新聞広告で集客するような泥臭いノウハウは
   誰も求めていないのかもしれない」と思い、今回はテストとして
   思い切って価格を4分の1の4,980円に下げてみることにしました。

価格テストなので参加者の人数があまり増えなければ、
価格は元の19,800円に戻すことになるので、あらかじめご了承ください

この価格設定は下手な広告制作会社のチラシのデザイン料よりもずっと安いです。

あなたが実践セミナーで新聞広告集客塾のノウハウを完璧なものにして、
自分で広告を作るスキルを一度覚えてしまえば、
広告制作会社に高いデザイン料を毎回支払う必要が無くなります。

しかもデザイン会社が作る広告よりも反応率が高い広告を作ることが出来るようになります。

新聞広告で成功して安定収入が入り始めたあなたは、『自由な人生』を選ぶことが出来ます。

好きな事を仕事にする自由
好きな物をいつでも好きな時に購入する自由
好きな場所にいつでも旅行に行ける自由
好きな場所に住む自由
好きな趣味に好きなだけお金を使う自由

すべてはあなたが選択して下さい。

追伸2

新聞広告集客塾のノウハウで『肩の荷』を降ろして身軽になるのも良いと思います。

「ビジネスを成長させたければ人を雇え」という言うベテラン経営者も多いですが、
人を雇えば毎月給料を払わなければならないし、教育もしなければならない、など何かと面倒です。

新聞広告集客をマスターする事で沢山の営業社員を雇う必要がなく、大きな事務所も、必要ありません。

営業マンの代わりに新聞広告に営業してもらうのです。

不良在庫を処分する目的で新聞広告を出すのも良いアイディアです。

不良在庫の処分ができると同時にあなたのビジネスの存在を沢山の見込客が知ってくれますので
一石二鳥です。

新聞広告スキルを磨けばビジネスをゼロから立ち上げたとしても
短期間で軌道にのせることが可能となるでしょうし、ビジネスの種類によっては
1年で年収1000万円にする事も夢ではありません。

レポートの内容で解らないことがあれば、購入後180日間何回でも私にメールしてください。

私もあなたの不安を取るために解らないことは、出来る限りアドバイスをさせていただきます。

私はあなたからの結果報告を楽しみにしていますし、分からないことはサポートするので、
良い精神状態でお互いを100%信じた上で進めたいと思っています。

あなたのブレーキを取る意味も含めて、新聞広告集客塾に万が一ご満足いただけない場合には、
購入後60日間であればお支払いいただいた費用全額を返金致します。

少なくとも60日あれば、広告代理店を探して、広告を作って、広告を出して、
広告の反応を効果検証することができていると思います。

実際に行動して、あなたが「新聞広告集客塾は自分にとって何も得る事が無かった...」と感じたのであれば
正直に私にメールしてください。

購入代金を全額返金いたします。

これであなたとはじめて友達関係になれると思うし、私の自信でもあります。

それでは、これから私と一緒に新聞広告を使ってオフラインの見込客を集客する力を養って稼ぎましょう。

そして自由を手に入れましょう。

新聞広告集客塾に参加する

農機具業界(農機具店、農機具輸出業、他)及び、園芸店の方へはこの教材を販売できません。
別のプログラムがございますので、事務局 054−645−4502 までお電話ください。

・ダウンロード版  67ページ
・印刷冊子版  67ページ

(印刷冊子版の場合は、送料・手数料・印刷代金が別途3,240円(※1)必要になります。)
(印刷冊子版・代金引換決済の場合は、上記手数料3,240円(※1)+別途、代金引換手数料360円が必要になります。)

商品代金:ダウンロード版4,980円、印刷冊子版8,220円(送料・手数料・印刷代込み)印刷冊子版・代金引換決済8,580円(送料・手数料・印刷代・代金引換手数料360円込)
支払い方法:ダウンロード版―クレジットカード一括払い、銀行振込一括払い、コンビニ決済一括払い。印刷冊子版―クレジットカード一括払い、銀行振込一括払い、コンビニ決済一括払い、代金引換一括払い
参加方法:ダウンロード版―代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロードしてください。印刷冊子版―代金決済完了後、14日以内に冊子をお送り致します。
返金手続き:新聞広告集客塾に万が一ご満足いただけない場合には、購入後60日間であればお支払いいただいた費用全額を返金致します。ご返金をご希望の際は、メールでご連絡ください。口座情報をご連絡頂きましたら、7営業日以内にご返金致します。